死後事務委任

[基本セット]
死後事務委任

もしもに備えて、希望通りのご葬儀や死後の手続きを委託。

ご葬儀などの死後の手続きや、残された自宅や荷物の手続き等のご希望をお聞きし、
もしもの時は、お客様のご希望通りに進めていきます。

(具体的には、「死後事務委任契約公正証書」を作成しておくということになります。)

また、葬儀や死後の各種手続きに使う預託金は、信託会社利用で安心して預けられます。
そのほか、提携企業内にて、低価格高満足の各種サービスの選択も可能となっております。
お墓への納骨以外にも海洋散骨といった選択肢もご提示可能です。

死後事務委任についてのQ&A

COLUMN

正式な契約や信託制度の重要さ

ご本人様が互助会に入会していても、ご家族がそれを知らず、ご希望通りの葬式にならなかったケースも多々あることをご存知ですか?
そうならないためにも、きちんと契約を結んでおくことが大切です。
また、葬儀・納骨等に要する費用は多額になることが多いため、お客様から事前に金銭をお預かりする必要があるのですが、この金銭についても勝手に利用されないよう注意が必要です。

当サービスでは、法律の専門家が契約を結び、かつ信託制度を利用し金銭を保全しております。さらに、金銭に関しては、外部の公認会計士の指示がない限りは、勝手に引き出すことはできない仕組みとなっており、安心して金銭をお預けいただける仕組みとなっております。

信託制度利用時の「安全な」財産管理のしくみ

ひとり暮らしの老後の不安に。
無料相談・お問合せはお気軽に。

0120-736-763

受付:AM9:00-PM5:00 定休日:火曜,第1・3水曜